プロが教える!iPhoneの画面が割れた時にやるべき3つの事!

iPhoneの画面が割れた!!どうしたらいいのか?!

見出し画像ユーザー

まず、iPhone画面割れといっても実は違いがあります!『ガラス割れのみ』『ガラスと液晶両方』『液晶だけの割れ』なのか。大きくわけても3つの違いが御座います。

皆様、iPhoneをお使いの方が周りにいらっしゃると思いますが、たまにガラスが割れているにそのままお使いになっている方を見た事ないですか?

バキバキに画面が割れているのに、使っている方をみてビックリする方もいらっしゃいますよね!実は、Androidのスマホではガラスが割れただけで使用できなくなる事も多く御座います。

しかし、iPhoneはガラスが割れたぐらいではなんて事ないんです!理由は、iPhoneのガラスはガラスとしての役目しかないからです!

映像を映し出す液晶パネル、タッチ操作を可能とするセンサー、液晶を照らすLEDライトこれら3つは、一体型となりiPhoneのガラスにくっつけてあるのです。

なので、ガラスが割れてもiPhoneの操作が出来るし、iPhoneで映像も見る事が出来るのです。

しかし、落とした時の衝撃の違いにより、ガラスと同時に液晶パネル(一体型)も損傷する事により、タッチ操作不能映像不良と言った事が起きてきます。

そして、ガラスのみが割れた場合でもヒビの入り方によっては、修理が必要な場合もあります。

これは個人差(感覚的な問題)損傷度合いによって変わるため修理をするかしないかは、我慢が出来るか出来ないかという事になります!

当然、我慢が出来ない方は修理に出す事でしょう。

我慢できる方はiPhoneが割れたまま使い続けるという事なので、気をつけなければいけない事もいくつか御座います。

また、iPhoneを落とした際にガラスは割れなかったのに液晶とタッチ操作がおかしくなってしまう事もある為iPhoneの画面割れと一言で表しても、症状によって修理内容が変わる可能性がある事を知っておかなければいけません。

やはり、画面割れといっても色々な判断がある為、『ガラス割れでの修理』かガラスと液晶を一緒に修理』液晶のみ修理』なのかを修理屋という目線にて解説していきたいと思います。

ここでの解説は、非正規店での修理おこなった際の為ものです。又非正規店によっては、画面割れと言う種類を分別しない修理店も御座います。基本的な修理内容に違いはありません。又なぜ判断しなければいけないのか?それは修理料金が変わるからです。少しでも安く直したいのに、思っていたより費用がかかってしまったなどが起きないよう、事前に考え予測する必要があるからです。

iPhoneの画面割れの特徴、つの判断基準とは!?

HAYASHI
まず、修理に行かれる修理店様がどのような料金体型なのかは先に確認する必要があります!

1:A店は、iPhoneの画面割れでの修理の際、『ガラス交換』『ガラス+液晶交換』と2つ分かれている。

2:B店は、iPhoneの画面割れでの修理の際、『画面交換修理』と項目が1つしかない。

先に2番のB店へ行く場合の解説を致します。B店タイプをお選びの方は特に考える大事なポイントは有りません。ガラス割れでも、液晶も一緒に壊れていても同じ提示金額にて修理をしてくれる為です。

しかし、中には店頭にいったら見積もりが料金が高くなる等、納得出来ない事が起きた場合は、修理する事を一度考え直す必要がある為、流されず一度考える事をお勧め致します!

そしてA店を選んだ方は、修理店が画面割れと言う修理に対し、『これはガラス割れ』これはガラス+液晶交換』『これは液晶交換』といったように分けている為、どれなのかを判断する必要があり、その判断の最終決定者はiPhoneを修理に持って行く店舗であり、人だと言う事、そして判断する人により若干最終結論が異なると言う事をまず理解しなくてはいけません。

HAYASHI
では、一般ユーザーでもある程度判断をつける事が出来るよう幾つかのポイントご紹介したいと思います!

iPhoneガラス割れの特徴、判断方法!

iPhoneの修理依頼の中でダントツで1位なのが、画面割れと言う依頼です!先述いたしました内容からここではガラス割れに特化した解説をしていきます。

iPhone6画面割れ参考画像1
iPhone6画面割れ参考画像2
iPhone6画面割れ参考画像3

上記に3枚の参考画像を載せました。まずは見た目での判断のみをご紹介致します。

1:重症とかかれた写真はiPhone6ですが、衝撃が激しく押しつぶされるような感じで割れています。こちらはフレームもかなり変形していた事例ですが。ガラス割と液晶両方の交換となる可能性がかなり高いです。

2:中傷とかかれた写真はiPhone6ですが、画面に入っているヒビ自体はひどくはないです。しかし画面右上のガラスが大きくめくれて内部のカメラが見えています。こちらはガラスと液晶両方の交換となる可能性が高いです。

3:軽傷とかかれた写真はiPhone6ですが、画面左から衝撃が加わり全体にヒビが入ったものですが、こちらはガラス交換のみでの修理となる可能性が高いです。
HAYASHI
ここで一つiPhone画面割れの修理内容について解説をしなければいけません。iPhoneの画面割れ修理には、3つの分別があると言いましたが、修理内容自体はどれも同じなのです!
ユーザー
同じなのになんで料金が違うですか?!

それは、iPhoneの液晶パネル部分というのは実はリサイクルが可能なんです!割れたガラスを特殊な機械を使い剥がし、綺麗に磨き上げ、新しいガラスを付けて、真空状態にてしっかりと密着接着させる事によりもう一度使う事が出来るのです。

この工程を一人一人のお客様が来るたびに行なっていては時間がかかり効率が悪い事から、ガラス割れ修理に来られた方のiPhoneには既にリサイクル済みの物を使う店舗様が大変多いです。中にはサードパーティ製を使っていたりと修理業者様によって大きく異なります。ですので、『ガラス割れ修理』でも『ガラス+液晶交換修理』でも『液晶のみの修理』でも、修理店が行う修理内容は同じという事になります。中にはガラスのみを丁寧に変えてくれるお店も有りますが、殆どないと認識していた方がいいです。

ですから、ガラス割れと液晶交換のどちらかになるかの判断基準は、最終的にはその割れている画面の液晶部分がリサイクル出来るか出来ないかという事になります。

当然この判断基準は、各修理店にて異なる為判断基準を明確にする事は難しいですが、それでもある程度知っていたいという方は下記にてちょっとしたポイントを解説したいと思います。

iPhone6画面割れ参考画像4
iPhone6画面割れ参考画像4
iPhone6画面割れ参考画像6

この3つの画像は、液晶交換となる可能性が高いです。

1枚目(左):液晶に黒いシミの様な物が出来ている画面は液晶交換です。
2枚目(真ん中):こちらは、縦にまっすぐラインが入り、色合いもおかしいです、ラインをうっすら出る事もあります。
3枚目(右):見た目は普通ですが、iPhoneの設定画面を開いてみる分かりやすいですが、2・ふちの色が黄色に変色しています、1・又指で抑えると液晶が揺れる感じがひどいと液晶交換となります。

3枚目は、見た目ガラスだけ割れているだけですが、液晶飛び変色が見られる為液晶交換となる事が多いです。中にはガラスと判断される店舗も御座います。

この様に、判断基準がはっきりしない事が多い事から、店舗に行った際違う料金を請求されたりしてトラブルや不満とつながる事もありますので、修理に行かれる際にはどちらになるか分からないので液晶修理だと思い来店する事が一番精神的には良いと思います。

中には、電話でのヒアリング力が高くしっかりと説明をして下さり、電話だけでもある程度判断をしてくれて。可能性として両方のお見積もりをご提案してくれる優しい店舗様へ行く事をお勧め致します。

安さだけで、決めるのは後で痛い目に会う可能性もある為、しっかりとリサーチまたは口コミ紹介などでご利用になる事をお勧め致します。

iPhoneガラス割れ修理まとめ

3つのポイントは!!

ガラス割れも液晶交換も修理内容自体は同じ。

ガラス割れか液晶交換かは、見た目の損傷が激しい程、液晶交換となる可能性が高い

ガラス割れか液晶交換かは、店頭でしか最終判断が出来ない為、液晶交換となる可能性も踏まえ考えておく。

最後に、iPhone5シリーズは年数も経っている事から、液晶焼け(変色)が多く液晶交換となる可能性が高いです。iPhone6系は、画面上部の損傷が激しいほど液晶交換んとなる可能性が高くなります。液晶交換については次より解説したいと思います。

iPhoneガラス+液晶割れの特徴、判断方法!

iPhoneの修理においてダントツの1位である画面割れ修理。先述いたしました事からここでは『iPhoneのガラス割れ+液晶交換』について解説していきたいと思います。

まず、根本的にガラス割れだけでも、液晶も割れていても、修理工程は同じだとお伝えいたしました。ですのでいくつか重複する点がございが、もっとも大きな違いは『修理料金の違い』です。

iPhoneの液晶はリサイクルが可能です、しかし液晶が壊れていてはリサイクルが出来ない為、割れてしまったiPhoneの画面はゴミとなります。リサイクルが出来るから少しお安く直せる。リサイクルが出来ないから少し修理料金が高くなると認識して頂ければ良いと思います。

価格差については、店舗様によって全く違う為、大体ガラスのみの交換修理より¥1,000〜¥3,000円程高くなります。ですから、最初の見積もりで安くお見積もりを出し、店頭へご来店の際液晶交換ですねと料金が高くなる事が御座いますので、お電話にてしっかりと質問する事をオススメいたします。

HAYASHI
下記の症状が少しでも見られる場合は間違いなくガラス+液晶交換となりますのでiPhone修理をご検討でこちらの記事をお読みの方はご自分のiPhoneを確認して見てください。

 

iPhone液晶割れ参考画像1
iPhone液晶割れ参考画像2
iPhone液晶割れ参考画像3

上記3枚の参考画像のような症状がご自分のiPhoneで起きている場合は間違いなく、ガラス+液晶交換と言う診断になります。

また、液晶損傷と診断される他の理由として上げられるのが。

1:タッチ操作が出来ない(効きづらい、一部分だけタッチ効かない)
2:液晶の焼け尽き(変色)
3:画面を軽く叩くと、割れにそって光が飛んでいたり、弾むよな症状がでる。
4:iPhoneの画面上部のガラスが大きくめくれて内部が見えている。

4つの内1つでも該当する場合は『ガラス+液晶交換』となりますのでiPhoneを修理する前にご参考にして頂けたらと思います。

iPhone液晶割れのみ特徴、判断方法!

iPhoneを落とした際、ガラスは割れなかったのに、なぜか表示がおかしくなり操作出来ない等外傷がなくても液晶損傷する事が稀に御座います。

本当に希なケースなのですが、よく起こる原因として、iPhoneの修理歴があるほどこの様な現象になる事があります。これは、非正規、正規関わらず修理歴があるとなりやすいと感じます。

又よくiPhoneを落とす方は、やはりダメージは必ずiPhoneに蓄積されます、目には見えないですが、1回目、2回目は簡単な部品交換で済んだけど、3回目はガラスが割れていないのに、内部の基板上ICチップ類が故障し直すのに時間もお金もさらにかかってしまったと言う事。iPhoneはかなりのハイスペックです、シンプルでハイスペックです、故に人気もあるのだと思います。しかし扱いをしっかりしなければ、取り返しの付かない事にもなりますので、しっかりとどう守るのかも考えなくてはいけません。

見た目の判断基準としては、まずiPhoneが割れていない前提で、ガラス+液晶交換で解説した写真の様な状態になった場合は、液晶のみの損傷となります。

HAYASHI
修理工程は全く同じですので、液晶のみの修理でも、料金はガラス+液晶交換と言うお見積もりになります。

判断ポイント

ガラスが割れていない前提

1:タッチが出来ない。

2:液晶の映りがおかしい。

3:全く画面が映らない(着信音等は聞こえる)

上記3つの症状がある方はガラス+液晶交換となります。

iPhone液晶不具合の例外編

iPhoneの画面を映し出す重要な部分は、iPhone内部にあるロジックボード!
そこに電気がしっかり流れる事で、映像が映し出され、タッチ操作が出来ます!

しかし、その電気回路上で何かしらの要因があり、電気回路が正常に作動しなくなるとまた別の症状が現れます!

画面に代表されるのが、バックライト基板故障といわれる現象です!
バックライトの回路が壊れると、iPhoneを起動させても画面が付きません!

しかし、強い光を(ライト)などを近づけてよく見ると、画面に映像が映し出せれている事があります!
これは、ほとんどの機能は問題ないけれど、画面の光を調節する回路が故障し動かない事で起こる症状です!

写真は基板のバックライトが壊れてしまったiPhoneです!
光をあてると、真ん中にリンゴマークが見えます!

このような症状は画面割れや、液晶割れとはまた別の修理となりますので
ご参考にして頂ければと思います。

こちらの症状に当てはまった方は、こちらより基板修理の内容、無料相談お見積もりが可能です!

iPhone基板修理についてはこちら!!

iPhone基板修理依頼方法はこちら!!

iPhoneの画面が割れた時の対処法

まず、iPhoneはガラスが割れたぐらいじゃ使えなくなると言う事はありません!理由は先述しましたのここでは書きませんが、厳密には使えるが、性能が落ちる耐久性が落ちる操作性が悪くなる等の現象が起きていきます。

iPhoneの性能が落ちる:iPhone7からは一応防水対応となりましたが、画面が割れたまま水没した場合、ヒビから液晶内部に侵入する為水没性能はなくなったも同然です。

iPhoneの耐久性が落ちる:iPhoneは1回の落下で激しく割れる場合もあれば気にならない程度の割れだったり様々です、割れている状態でさらに衝撃が加わるとより割れやすく、その他の部品にも液晶が起きる場合が御座います。

iPhoneの操作性が悪くなる:ガラスが粉々に割れてしまった場合、ガラスがポロポロ取れてくるのでタッチ操作等がかなりしづらい。又、保護フィルムを貼られている方が多いですが、ガラスとフィルムの間にガラス片がはいりタッチ出来ないなど操作上でかなりの不快感が生まれます。

これら3つの事から、iPhoneが割れた場合まず修理をする事をおすすめいたします。

1:ご自分のiPhoneが保証にはいっているのか?

2:何処で修理をうけるのか?

2つの事をしっかりと調べてから修理を行う事をおすすめいたします。

また直ぐには、直さなくていいやとお考えの方は、まず保護フィルムがついている場合は一度剥がしガラス片を綺麗に払い落とし、新しいガラスフィルムを上から貼る事をおすすめいたします。しかし、割れてヒビが入っているので綺麗に貼れない事は覚悟しましょう。それでもそのまま放置するよりはかなりいいです!そして、今人気のiFaceのような耐衝撃用のケースを付ければさらなる被害はかなり抑えられると思います。

そして、ある程度保護をしたり、しない場合でも画面を強く押さえたりする事はしないようにしましょう。ガラスだけ割れていたのに、割れたからといて雑に扱うと液晶も損傷し、修理費用が高くつく事になりますので気をつけて頂ければと思います。

修理に出す事を検討されている方へ

最後にまとめてわかりやすいポイントを記載いたします。

iPhoneの画面割れには3つの違いがある

修理内容 判断基準 価格帯(例:iPhone6)
iPhoneガラス割れ交換修理 タッチ操作・映像表示に何も問題がない ¥8,000〜¥10,000円程度
iPhoneガラス+液晶交換修理 タッチ操作・映像表示に問題がある ¥10,000〜¥13,000円程度
iPhone液晶交換修理 タッチ操作・映像表示に問題がある ¥10,000〜¥13,000円程度

やはりiPhoneを修理に出すのは早い方が良いです。また今では、動画(you tube)などで自分で修理ができる紹介等が御座いますが、相当な自信がある方は問題無く出来るかもしれませんが、やはり少し不安な方はプロにお任せする事をおすすめ致します。それは、失敗した時プロに頼むしかなく修理料金が高くつく事があるからです。最初から頼んでおけば良かったと思う前に思いとどまって頂ければと思います。

HAYASHI
当店フィックスマートでは、様々なサービスが御座います!全て修理をお任せでも良いですし、お客様が部品のみを購入し作業だけをしてもらう等お客様のニーズに最大限お答えしようと思いますので一度お問い合わせ頂ければと思います!