iPhone5s充電できない!!基板修理

こんにちは!iPhoneの基板修理を行なっている
Fix mart 岐阜本店です!

今回のお客様は岐阜県各務原市よりiPhone5sの充電できない症状の改善にご来店いただきました!

充電できない原因
1:バッテリーの劣化
2:ライトニングコネクターの損傷
3:内部基板損傷

だいたいこの3つしかありません。
今回のiPhone5sは、他店様にて既に診断をうけられており
バッテリー、ライトニングケーブルは問題ないと判明している状態でした。

当店でも、お客様と一緒にこの2つをチェックしていきましたが
やはり充電反応はなし!
チェックは5分で終了。
お客様もみているのでご納得頂けた様子でした!

そして今回は、内部基板の損傷と思われます。
実はバッテリーの減りが早かったというのも、基板の問題であると思われます。

充電はできないですが、ケーブルをさしているとどんどん熱くなっていきます。
何度かこの状態を見た事があるので、8割方ICチップの交換が必要です。

お客様は8月まではこのiPhoneを使用したいとの事でしたので
修理を行うという事になりました!

iPhone5s-U2-1

充電はできません。

iPhoneを分解していき、ロジックボードを取り出し、裏側のシールドを外します。

そして充電を管理するICチップを外します。

iPhone5s-U2-2

外した後は新しいICをつけるために半田の残りを綺麗にします。

iPhone5s-U2-3

綺麗にしたら、新しいICをつけていきますね!

iPhone5s-U2-4

位置がずれたらやり直しです!
これはかなり練習が必要です!

新しいICへ交換が終わり組み立て直して動作確認をします!

iPhone5s-U2-5

しっかり充電できるようになり、これでPCでバックアップも取る事が可能ですね!

お客様もとてもよ喜んでいただけて、とても嬉しかったですね!

修理時間は40分ほどでした!

難しい基板修理も、即日で行います!

お困りの方は、気兼ねなくお問い合わせください!
岐阜の修理店様、県外の修理店様もお電話いただければ
お力になれると思います!

この記事を書いてる私がしっかり対応致します!
ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です