愛知県豊明市より!!iPhone6バックライト基板修理依頼!!

こんにちはiPhone基板修理を行なっている
Fix mart岐阜本店です!

今回のお客様は、愛知県豊明市より岐阜まで修理にご来店いただきました!

とても遠いのにご来店いただきありがとうございます!

機種:iPhone6
症状:自己修理失敗によるバックライト損傷
対応:iPhone基板修理

まずは内部の状況から確認していきます!
最近はiPhone6sのバックライト修理の方が多いですが
iPhone6のバックライト基板修理もまだまだお問い合わせがあります!

自己修理でのバックライト損傷は、ほぼバッテリーを基板に繋いだ状態で
画面部品の脱着です!

しかしiPhone6は違うパターンもあります!
iPhoneのバックライト修理は自己修理失敗であれば、比較的簡単な部類だと思います!
しかし基板修理であり、半田、リワークなど難易度は普通の修理とは全く違います。

そしてバックライトがつかないから毎回同じところが壊れているとも限りませんし
壊れ方もまた違うという事です。

今回のiPhone6はショートではなく、基板のチップを壊してしまった事が原因です。

SingleShot0350

赤丸のなかにフィルターが本来あるのですが、フィルターがないです!
そして、フィルターを半田ずけするパターン(土台)も全てない状態です。

この時点で少し難易度が上がりますね。。。
そしてどうやって修理をするかが問題ですね。

いろんなパターンがあると思います。
ジャンパー線で飛ばしたり。。。

しかし距離がながいし、シールドを外さないといけなくなり、CPU近くの作業になるためあまり行いたくない。

私はこのパターンの時は、したの回路を削って半田をつけれる状態にして新しい部品をつける事が多いです。

まず部品をつけても、強度はたもてないので再修理はかなり気をつけなければいけない。
しかし回路を間違えたり、グランドがむき出しに気づいてないとまずいので
毎回慎重に修理を行います!

通常30分あれば終わる修理内容ですが、今回は1時間ほどお時間をいただきました!
その間お客様はずっと私の作業を見ておられましたw

集中しすぎてしっかりお話はできませんでしたが、内容をお客様にお話をして
ご理解いただいているので、優しい眼差しで見守って頂けました!w

SingleShot0352

最後はこのような状態です!
緑色の液体で固めていますので、お客様も気づきやすく再修理の際は気をつけれると思います。

半田はしっかりとされているので、強度はないですが再発のおそれはほぼないと思います。
iPhone6バックライト

お客様も大変喜んでいただきました!

私も頑張ったかいがあります!
ありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です