名古屋市の修理店様より!!iPhone6バックライト基板修理依頼!!

こんにちは!
iPhone基板修理を行なっている
Fix mart岐阜本店です!

本日はオープンと同時に、愛知県名古屋市のiPhone修理店様よりiPhone6のバックライト故障での
修理依頼を頂きました!

iPhone6backlight

同じ修理業者様であれば、このように画面やバッテリーが外された状態でも問題ないです!
すでに分解がされているので先に基板を見ていきます!

バックライト

まるで囲ってある部分のチップが完全に取れています。
わかる方であればこの時点でわかるのですが。
基板に半田付けする土台自体が一緒になくなっています。

まるお囲いの中のシルバーの部分が唯一残っている半田がのせられる場所です。
拡大していますから大きく見えますが、肉眼ではみえません。
針の先ほどしかないのです。

この時点で、バックライトは修理可能ですがチップを強度を保ったまま
半田付けは困難だとおもいました。

片方だけでも残っていれば、まだましではありますがそれでもこれは
強度をだすのは厳しいかなと思います。

この部分は、画面のコネクターを外す際よく傷つけてしまう部分です!
修理に慣れてきた頃に、すこし乱暴に道具を扱うとこのような事になってしまいます。

今回の業者様も、ご自身で自覚があったみたいで再度慎重に修理をするべきだと
再確認をされていました!

とても良い事だと思います!
人間はミスをしますし、ミスからしっかり学ぶ事がとっても大事です!

では基板を取り外していきます!
iPhone6backlight-2

そしてチップを付け直していきます!
バックライト2

少し見栄えは汚く見えますが、できる限り強度をあげて半田付けをして
最後はUV系の硬化剤で固めてしまいました!

基板修理といっても、やる方によっては違う方法を選択する可能性もあります!
私もいくつか考えましたがこの方が良いと判断をして
このような修理方法をとりました。

結果は。。。
iPhone6backlight-4

しっかりバックライトが点灯し綺麗にiPhoneの画面が写っています!!
一安心です!

しかし、修理個所は強度が弱くなっていますので
再度修理等をするときは、気をつけて外して頂くようご説明をさせて
いただきました!

iPhoneバックライト故障での修理について

この記事内で紹介してる損傷は、基板修理のなかでもたった1例にすぎません!
バックライト修理でも損傷の仕方は違いますし
修理する個所は他にもたくさんあります!

そして大変難易度高い修理ですので
安易な気持ちで基板へ手を加えるのやめた方がいいです!

基板が壊れていると判断できた、または判断をされてしまった方は
一度当店の無料見積もり、無料相談をご利用いただく事をおすすめいたします!

iPhone修理相談はこちらから!

iPhone基板修理ついてはこちらより!

iPhone基板修理のレポートはこちらより確認できます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です