同じ症状の方必見!!iPhone6s突然電源が入らなくなり基板修理!!

こんにちは!
当店では、iPhone、iPad、iPodの修理を行なっております!
中でも、基板修理という高度な技術により部品交換等ではなおらないiPhoneも修理が可能です!
今回はその一部を紹介したいとおもいますね!

ご依頼内容&対応

ご依頼:新潟県の修理店様からのご依頼
機種:iPhone6s
症状:落としたことが原因で電源が入らなくなった(PCも反応なし)
ご希望:データの救出
検査結果:内部基板損傷により起動不可状態
対応:基板修理

新潟県の修理店様より修理依頼を頂きました!
最近は同じ業者様からの新規ご依頼、リピート依頼が大変増えてまりました!
とても有難いことで、ご依頼頂いている業者様には感謝がいっぱいです!

それとは別に、当店のブログをお読み頂いた一般ユーザーの方も
頻繁にご連絡をいただくようになり、そこから修理依頼といった感じで
本当に嬉しい事がたくさんあります!

皆さま有り難う御座います。
では本題に入りたいと思います!

修理店をやっていると色々なiPhoneの不具合を見る事がおおいです!
その中でも突然電源が入らなくなるという、恐怖を体験している方が多くいらっしゃいます。

電源がはいらないと困る事は
1:連絡がとれない
2:データを保存していない為、大切なデータが取り出せない。
3:修理歴があるので、メーカー修理に出せない。

上記の中でも、皆さま不安になる所はやはりデーターです!!
そもそもデータの取り方を知らない方がとても多い事。
iCloud等をしっかり管理している方は少ないのではないかと感じます。

電源が入らない原因

1:バッテリーの劣化
2:アップデート失敗&エラー表示(通称:リンゴループ)
3:内部基板損傷
電源が入らなくなった時、原因によって症状が少し違います!
そして判断方法もある為、お困りの方は合うものを探してみてください!

バッテリーの劣化

充電器をさすとリンゴマークが現れ運良くホーム画面までたどり着くことができる。
充電器をさしてもリンゴマークは出るが、すぐに消えてしまう。

バッテリー劣化の場合は、その前に充電の減りがはやい等の症状がある為わかりやすいと思います。
簡単に言うと、日頃バッテリーい対し違和感がない方はバッテリー劣化の可能性は低くなります。
しかしバッテリー交換で改善する事も多々あるのも事実なんですよね!
最終判断はやはり、検査してもらうのが一番です!

アップデート失敗&エラー表示

アップデート失敗のご依頼も毎月必ずある内容です!
アップデート失敗の原因は
1:夜間予約を忘れていた。
2:アップデート最中にWi-Fi環境が遮断された。

上記のように、ネットワーク環境が悪い事が原因になる事が多いです!
後は、お使いのPCが古く途中で止まってしまったなども原因になります。

アップデート失敗の場合は、ほとんどがリンゴループと言われる症状になります!
電源を入れるとリンゴマークがでて、消えてまたでるといった事を繰り返します。

こうなるともうPCでソフトウェアを更新するしかない為
PCがない方は誰かにかりるか、修理店にお願いするなどをしなくてはいけませんね!

しかしPCとネット環境が整っていれば問題なくアップデートを終える事が可能です!

例外は、アップデート最中にエラーコードが出ることがある。
そのエラーナンバーによってはデータを残したままの修理が困難である事が多いです。

エラーがでた方はデータが消える事は覚悟してください。
最悪端末を使う事も厳しい事もあります。

内部基板損傷

内部基板損傷で電源が入らない場合はとてもわかりやすいです!
1:PCにつないでもPC側で全く反応がない。
リカバリーモードでも認識はしません。

原因は、基板の電子回路上でショートし電気をしっかり流せなくなっている。
iPhoneは精密機械の為、何が起こるかわわかりません。

iPhoneの基板が損傷する要因は
1:落とした時の衝撃で基板が壊れる。
2:車など安定しない充電器で充電している。
3:長時間の充電器のさしっぱなし。
4:何もしていない突然故障

内部基板損傷の場合は電源が入らないですし、PCも反応しません!
上記の中でも、多いのが落とした衝撃での故障です。
次に粗悪品の充電器をお使いの方です。

内部基板損傷の場合は、基板修理を行い電気を正常に流せるようにする事で
データを残したまま修理できます!
ですので当てはまる方は諦めないでください!

修理にだす方法

当店では、全国のお客様や修理店様から基板修理のご依頼をいただいております!
ですので、基板が壊れている事が確定していてお困りの方は一度ご相談ください!

無料相談&お見積もりはこちらから

どこが壊れているかわからない

損傷がわからないかたは、まずは近くの修理店へ行きバッテリー交換やPCでの反応をみてもらうのがいいです!
修理店では、部品交換をしてなおらなければ基板が壊れてますと、いわれますのでわかりやすいと思います!

ただ気をつけなければいけないのは、検査料を徴収する店舗です!
修理不可でも¥3000円ほど支払いが発生する事があるので
事前に調べたり、電話でお問い合わせをして聞いてみてください!

部品交換をして検査するだけで料金を取る所は避けた方が無難です。

iPhoneの基板が壊れているとわかった場合

iPhoneの基板が壊れているとわかったあとは、修理をどこにだすのか?
基板修理を外注にだしている店舗様もいますので、検査してもらった店舗様で
基板修理の案内があれば、聞いてみた方がいいです!

取り扱いがない場合は、ご自身で探す必要があります!
基板修理は難易度が高く、取り扱うお店も少ない、修理金額がお高めである。
郵送での修理になる可能性が高い!

上記のことから、いくつかお見積もりをとり各店舗の対応をみたり、金額を相談したり
ご自身にあった店舗様を選ぶ事が一番です!

大切なiPhoneですので、焦らず慎重に選択をしましょう!

基板修理事例

前書きが長くなりましたが、今回のご依頼は新潟県よりiPhone6sの電源が入らない症状で
データの復旧が目的です!

iPhone6s起動障害

修理店様からのご依頼でしたので、ご依頼端末の情報を添えて発送をして頂きました!

iPhone6s-2

念のため、画面とバッテリーなどをかえてPCに接続してみますが反応はやはりしませんね!

分解をしていきロジックボードのみを取り出し、特殊な機械を使用し故障箇所を断定していきます。

この壊れている箇所を見つけるのに時間を取られますが、みつけてしまえばこちらのもんです!
壊れたチップを外し、新しいチップと交換をして行きます。

iPhone6s-3

すでの交換は終わっています!
作業途中の写真はいつも集中している為、ほぼ取り忘れてしまいます。
ごめんなさい。

SingleShot0259SingleShot0260

写真のようなコンデンサーチップを交換します!
2枚目の写真は交換したチップと上にあるのは普通のボールペンの先です!

とっても小さい部品ですが、これでも大き方なんですよ(笑)

一番小さいものだと、目をはなすと行方不明なんてこともよくあります。

この写真などをみて基板修理をやろうと思った方はやめましょう!
いや、やめたほうがいいいと思います。

仮付けにて動作を確認をして問題なければ組み立てて行きます!

iPhone6s-4

しっかりデータが残ったままで修理完了です!

最後に梱包作業を行い、ご依頼頂いた店舗様へ返送します!

iPhone6s-5

当店は、ヤマトコンパクトにて発送しますので時間帯指定も可能です!

当店へ夜18時ごろ届きましたので当日のお返しは出来ませんでした。
修理時間は1時間30分〜2時間ほどでしたので、午前着であれば当日お返しも可能です!

お客様の負担を減らす為に、修理をなるべくはやく行い、すみやかに返送させていただいております。

上記以外にも、水没起動不良のデータ復旧、タッチ病、充電できない、画面映らない等
修理は可能ですので、お困りの方はご相談頂けたらと思います。

無料相談はこちら

基板修理ついて知りたいかたはこちら

過去の基板修理事例はこちらから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です